タブレット買取のために必要な書類とは

タブレットを買取してほしいという方もいらっしゃることでしょう。
今ではレンタルビデオ店などでも買取を実施しているほどに身近な存在になっているのです。
そこで、必要となってくる書類というものが必要なのはご存知でしょうか。
必要書類について確認しておきましょう。

古物営業法に基づいた確認行為

まず買取を依頼する際には身分証の提示が必要となります。
これは、古物営業法の定めによるものです。

具体的に触れていくと、本人確認書類により指名・生年月日・住所を確認し「本人であるか」の確認がなされるのです。
このことでお分かりかと思いますが、買取を実施したい場合には必ず「本人であること」が必要となってくるのです。
なお、未成年者の利用は禁止されており、どうしてもタブレットを買取してほしいという場合には保護者に行ってもらいましょう。

書類確認における注意事項

まず注意していただきたいのは「一致していること」です。
本人確認書類と申込住所が一致していることが必要となっています。
何からの事由によって、一致していないという場合には、別途、公共料金の領収書など現住所が確認できる書類を提出していただく可能性がありますのでご注意いただければと思います。

その他、店舗によってはマイナンバーなどは一致しない場合の確認書類として適用されない可能性もありますのであらかじめ確認を取っておくとよいでしょう。

知っておきたい事

今回は、タブレットを買取してもらう際の書類について見ていきました。
特別時間がかかる書類が必要だというわけではありませんので認識してあらかじめ用意し持参していただけたらと思います。
インターネット取引の場合には写真かコピーの送付が必要になってきます。

関連する記事